「時間外労働の限度に関する基準」とは of 平成22年改正労働基準法のポイント

改正労働基準法をもっと理解するためのサイト「改正労働基準法のポイント」

「時間外労働の限度に関する基準」とは

平成22年4月前までの「時間外労働の限度に関する基準」とは、どのようなものですか。

 労働基準法では、1日と1週間の労働時間や休日について定めていますが、同法第36条の規定によって、時間外労働・休日労働協定(いわゆる「36協定」)を締結し、労働基準監督署に届け出ることを要件として、法定労働時間を超える時間外労働や法定休日における休日労働を認めています。

 この36協定で定めるべき延長時間(法定労働時間を超えて延長することができる時間数で、休日労働時間は除きます。)については、無制限とされているわけではなく、「時間外労働の限度に関する基準」で定められており、最も長い場合でも次の表の限度時間を超えないものとしなければなりません。

一般労働者の場合

期間
限度時間
1週間
15時間
2週間
27時間
4週間
43時間
1か月
45時間
2か月
81時間
3か月
120時間
1年間
360時間

対象期間が3か月を超える1年単位の変形労働時間制の対象となる労働者の場合

 対象期間が3か月を超える1年単位の変形労働時間制の対象となる労働者についての延長時間は、一般労働者の場合とは異なり、最も長い場合でも次の表の限度時間を超えないものとしなければなりません。

期間
限度時間
1週間
14時間
2週間
25時間
4週間
40時間
1か月
42時間
2か月
75時間
3か月
110時間
1年間
320時間

適用除外

 次の事業又は業務には、上記の限度時間が適用されません。

  1. 工作物の建設等の事業
  2. 自動車の運転の業務
  3. 新技術、新商品等の研究開発の業務
  4. 厚生労働省労働基準局長が指定する事業又は業務(ただし、1年間の限度時間は適用されます。)

ふくなが社労士事務所では、毎月1回、顧問契約を頂いているお客様にのみ、中小企業事業主向けに役立つ人事・労務情報を私自身がお客様に有用な情報と思われるネタを厳選し、毎月頭をひねりながら内容を考えたものをニュースレターとして郵送しております。

あるとき、せっかく苦労をして作っているニュースレターの情報を少しでも多くの経営者等にお届けしたいと考え、このブログを見ていただいた方に特別に、メールサーバーの関係上配信数限定でこのニュースレターのメルマガ版を送信することといたしました。

このニュースレターのメルマガ版のご登録は、こちらから。
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録

bana3.jpgbana3.jpg

無料メルマガ発行中

あなたの会社に役立つ情報を毎月1回お届けする「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録はこちらから
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録